前回手紙を入れた後、警察官から注意を受けました。加害者達が通報したようです。「脅迫を受けた」と。

 

「本当に加害者って被害者がどうなろうと自分さえよければそれでいい連中なんだな。」と体感しました。そもそも彼女達のいじめがずっと続かなければこっちもそんな怒りの手紙を出してないのだから。

 

人の人生を一方的にメチャクチャにしても、被害者面の加害者達。これが現実です。

 

警察官からも注意をされました。そんな奴らを相手にするなと。「私も理不尽にあんたらの喧嘩に巻き込まれたのだ」と(その通りなので申し訳ないのですがね)

 

今回は注意と警告です。相手達にも二度と関わらないように伝えておく、あなたの家の前では会話しないように伝えておくとの事でした(あの人たちの事だから表面だけ良い人の振る舞いをするでしょうね・・・)

 

ちなみに警察官が帰ったら普通に外で会話してましたけどね。そういう連中です。

 

これで町を歩いている時にいきなり舌打ちしたり睨みつけてくる人間達がどうなるか分かりませんが。まぁ実害出してきたらそいつらを警察に突き出せばいいので。私が警察に目をつけられたという事は、あちらも手を出を出せばマークされるという事です。(本当に体感で急激にそういう連中が増えたので誰かが何かをしたとしか思えない状態です。誰に言っても証拠がないから被害妄想扱いされるのでしょうが。)

 

実際その通りなのですが、本当にやりきれない。何も悪い事もせず、ただ相続して暮らしていたのに、一方的に人を陥れた連中が何も反省せずに大手を振って生きていける世の中なんて・・・

 

加害者達を裁くには証拠が絶対に必要

どうにかして加害者達を裁くには、証拠を取って突き付けてやるしかないようです。正直何で一方的に被害に遭った方がここまでしなければならないのか。本当に人間って嫌になります。

 

外道は自分の罪を自覚しないし、被害者は証拠がなければ泣き寝入りというのが現実です。

 

正しい戦い方をしなければ、被害者が加害者になり、加害者が被害者になってしまうと実体験でよく分かりました。

 

外道を法治国家で裁くには証拠を突き付ける必要があります。いちゃもんつけてきた連中を許せない気持ちがありますが、この法社会ではどうしようもありません。

 

加害者が正しく裁かれるには証拠が必要です。本当に、言葉に捉えようのないどうしようもない世の中です。

 

メンタル改善を謳っておきながら、自分はまだまだです。申し訳ございませんでした。

 

なんていうか・・・もう、全てが嫌になりますよね・・・

 

とはいえ、メンタル改善案はこれからも提案していくので私と同じように苦しむ誰かの参考になれば幸いです。

 

おすすめの記事